アタックドローンの見学会を行いました

鳥獣害対策「アタックドローン」を見学しに、先日、岐阜県の関ケ原役場の方々が来てくださりました。

「アタックドローン」は農作物を荒らす猿や鹿などをドローンで追い払う方法です。
近年、鳥獣による農作物への被害が広域的に発生しており、農村に深刻な影響を及ぼしています。 そういった獣害問題を解決する手段として「アタックドローン」を考え、デルフリキャンプで実証実験を繰り返しています。

特に、自動飛行と手動飛行を組み合わせて追い払いを行うことにより、安全性の向上や省力化を期待でき、効果を実感しています。
農業分野での新たなドローンの活用方法として、今後も力を入れて取り組んでいきます!

詳細はこちらから